Loading0%

中国の都市部では、1年間に700万戸を超える集合住宅が建設されています。“日本ペイント”の現地ブランドである「立邦塗料」は、中国の建築用塗料市場で圧倒的な強さを誇るトップブランド。美しい高性能塗料によって建物の美観を実現することはもちろん、低汚染や低VOCといった特色を持つ塗料によって、快適で安全な住宅環境の確立に貢献しています。安全で美しい街づくりのために、塗料にできることがあります。

米国の自動車生産台数は年間約1,200万台に上ります。これだけの生産量ともなると、自動車そのものの環境性能だけでなく、生産工程における環境負荷も大きな大きな問題。“日本ペイント”は塗料の開発にとどまらず、焼き付け乾燥工程を1回削減する、革新的な「塗装システム」を開発。自動車メーカーの生産効率向上と環境への負荷低減を同時に実現させました。環境負荷の低い生産現場のために、塗料にできることがあります。

環境先進国のEUでは、電気・電子機器を販売する場合、生産時はもちろん、各製品が廃棄物となった際にも環境に悪影響を与えないよう配慮することが求められています。そのためには、環境に優しい材料を使うことが大前提。電機メーカー各社がEUを意識したグリーン基準を設ける中、“日本ペイント”は重金属削減塗料によってその潮流に対応しています。地球と人にやさしいモノづくりのために、塗料にできることがあります。

気象庁によると、東京周辺で気温が30度を超える時間数は、およそ400時間。40年前の約2倍です。その大きな要因とされるのが、ヒートアイランド現象。“日本ペイント”は、この現象に「待った」をかけるべく、太陽光を反射することで塗装物の温度上昇を抑制する「遮熱塗料」を開発しました。今では、代々木体育館をはじめ数百件に及ぶ建物や舗装道路で活躍中。都市の気温を抑えるために、塗料にできることがあります。

総トン数100トン以上の商船(貨物船・客船)は世界に約46,000隻あり、その合計総トン数は、約5億4,000万トンに及びます。これだけの船舶が世界中を航行するために必要な燃料は相当なもの。“日本ペイント”は、摩擦抵抗の低いマグロの皮膚をヒントにして、燃料を大幅に削減する船底塗料を開発。すでに国内外の船舶1,705隻に塗装されています。エネルギーの有効活用のために、塗料にできることがあります。

ENTRY MY PAGE
NEWS

2017.3.1 新卒採用サイトをフルオープンしました。

What can we do?

塗料が世界にできること

人間の手で作られるモノの多くが
実は何らかのかたちでコーティングされています。
あなたが気づかないうちに
まるで空気や水のようにどこかしこに存在する塗料。
その影響力は、きっとあなたの想像をはるかに超えています。
インフラ、環境、エネルギー、暮らし・・・。
世界が抱えるさまざまな問題に対し、
塗料ができることはまだまだあります。
アジアNo.1、世界では4位のポジションを誇る
“日本ペイント”だからこそ
やらなければならないことがあります。
塗料の可能性を拓き、世界に貢献する──。
私たちと共に、この壮大なミッションに挑みませんか。

MESSAGE MOVIE 採用メッセージムービー

ムービー

Nippon Paint Holdings  FIVE STRENGTH

つの
魅力

“日本ペイント”が世界有数の塗料会社だと知っていましたか?
塗料が持つ3つの価値を知っていますか?
“日本ペイント”と塗料の、知られざる5つの魅力について、わかりやすく紹介します。

Nippon Paint Holdings  GREATNESS OF PAINT

実は、
すぐそこに
スゴい塗料

「えっ? こんなところに、こんな使われ方をしていたの?!」
あなたのすぐそばで、意外な活躍をしている塗料の世界に迫ります。

詳しく見る

Nippon Paint Holdings  GREATNESS OF PAINT

Nippon Paint Holdings  BUSINESS FIELDS

事業内容

それぞれ特色ある製品・技術で
グローバル戦略を推進。
日本ペイントホールディングスグループの中核5社の事業について解説します。

詳しく見る

Nippon Paint Holdings  BUSINESS FIELDS

Nippon Paint Holdings  WORK AND MEMBERS

仕事と仲間

“日本ペイント”には、想像以上に幅広いワークフィールドが広がっています。
多彩な業務と、それぞれのステージで奮闘する社員の姿を紹介します。

詳しく見る

Nippon Paint Holdings  WORK AND MEMBERS