閉じる

CSR

CSR報告書(バックナンバー)

統合報告書2017

統合報告書2017
発行:2017年8月
編集方針

当社は2016 年度から「統合報告書」の発行を開始いたしました。
日本ペイントグループの経営方針や事業戦略、企業価値の向上を支える取り組みなどを株主・投資家をはじめとするステークホルダーのみなさまに正しくお伝えするとともに、将来のあるべき姿である「Global Paint Major」となる道筋をお示しすることをめざし、作成しております。

対象期間・範囲

報告対象期間は、2016 年12月期(2016 年4月1日~2016 年12月31日)です。ただし、必要に応じて当期間の前後についても言及しています。また、2016年12月期は、決算期変更の経過期間であるため、業績等については、一部を除き比較可能な数値として、
2016 年12月期を2016 年1月1日~2016 年12月31日とした場合の数値を示しています。データの集計範囲は特別な言及がない限り、すべて連結決算対象範囲です。

企業価値を支える取り組み

統合報告書2016

統合報告書2016
発行:2016年10月
編集方針

当社は2016 年度から「統合報告書」の発行を開始いたしました。
日本ペイントグループの経営方針や事業戦略、企業価値の向上を支える取り組みなどを株主・投資家をはじめとするステークホルダーのみなさまに正しくお伝えするとともに、将来のあるべき姿である「Global Paint Major」となる道筋をお示しすることをめざし、作成しております。

対象期間・範囲

報告対象期間は、2016年3月期(2015年4月1日~2016年3月31日)です。ただし、必要に応じて当期間の前後についても言及しています。
データの集計範囲はすべて連結決算対象範囲です。

企業価値を支える取り組み

CSR報告書2015

CSR報告書2015
発行:2015年8月
編集方針

本報告書は、広く当社のステークホルダーの皆さまに対し、経営理念である「社業を通じて社会公共の福祉に貢献する」を基本としたCSR活動をご理解いただくことを目的に編集しています。
また、本報告書はステークホルダーの皆さまとの重要なコミュニケーションツールと位置づけており、皆さまから頂戴する貴重なご意見は、当社CSR活動の取り組み強化につなげていきます。
編集にあたっては、環境省の「環境報告ガイドライン(2012年版)」と「GRIサステナビリティリポーティングガイドライン」を参考とし、前回報告書に対するご意見を編集に反映させています。
第三者による検証につきましては、明確な基準の確立がなされた時点で採用する予定です。

マネジメント報告

社会性報告

レスポンシブル・ケア活動報告

対象範囲

日本ペイントホールディングスグループの環境・社会・経済の3側面における活動を報告しています。

対象期間

2014年度(2014年4月1日~2015年3月31日)の事象について報告しています。一部記載については、2015年4月以降の事象も対象としています。

CSR報告書2014

CSR報告書2014
発行:2014年8月

マネジメント報告

レスポンシブル・ケア活動

社会性報告