お知らせ

日本ペイントマレッツ
2021.01.25

【試合結果】1/24(日)vsトップおとめピンポンズ名古屋(第12戦)

#日本ペイントマレッツ

SHARE

連戦の中、もぎ取った勝利。

【試合結果】1/24(日)vsトップおとめピンポンズ名古屋(第12戦)

1/24(日) 日本ペイントマレッツ 3-2 トップおとめピンポンズ名古屋

https://tleague.jp/schedule/detail.php?id=225


【第1マッチ(ダブルス)】

永尾 尭子・フォン ティエンウェイ 0-2 鈴木 李茄・山本 笙子

7 -11/7-11


【第2マッチ(シングルス)】

サウェータブット スターシニー  3-1 リン イエ

11-9/11-8/9-11/11-5


【第3マッチ(シングルス)】

加藤 美優 3-2 井林 茉里奈

11-0/8-11/9-11/11-6/11-8


【第4マッチ(シングルス)】

フォン ティエンウェイ 1-3 エリザベタ サマラ

10-11/11-4/10-11/6-11


【第5 マッチ(シングルス)】

加藤 美優 1-0 エリザベタ サマラ

12-10


3連戦の3戦目となった今日、選手たちの表情からは明らかに疲労がうかがえた。そんな中、一人ひときわキリっとした表情の選手がいた。スターシニー選手だ。昨日(1/23 vs木下アビエル神奈川)の悔しい敗戦に涙を流したスターシニー選手だったが、一夜明けて切り替えられたのだろうか、黙々とルーティーンをこなし、練習中も集中力を絶やさなかった。

ダブルスを落とし迎えた第二マッチ。これまで一度も勝ったことないリンイエ選手に対して、強気なプレーをみせ、得点を重ねるごとにスターシニー選手の声が会場に響き渡った。

「実はスターシニー選手がタイムアウトを断ったのは初めてだったんです。それだけ集中していただろうし、絶対に勝つという強い気持ちの表れだったと思う。もちろんビクトリーマッチを含め2勝をあげた加藤選手がチームの勝利をもたらしたが、流れをぐっと引き寄せてくれたのは、スターシニー選手。わたしの中では(スターシニー選手のマッチが)ベストゲームです。」と三原監督は話した。来週も連戦が待っている。リフレッシュして気持ちを新たに、次戦に向かっていく。

【カメラマンが選ぶベストショット】

☆次戦☆

1/28(木)16:00〜 vs.日本生命レッドエルフ

https://tleague.jp/schedule/detail.php?id=226

関連ニュース

このWebサイトには、いくつかのCookieと同様の機能が必要です。
お客様が当社を許可する場合、当社はサービスを改善するために、これらの手段を使用して集計統計のお客様の訪問に関するデータを収集します。さらに、YouTubeを使用して動画を表示します。動画を視聴することにした場合にのみ、Cookieなどの手段を使用します。許可しない場合は、技術的なCookieのみ使用されます。
詳しくはこちら