お知らせ

日本ペイントマレッツ
2021.10.10

【試合結果】10/10(日) vs.日本生命レッドエルフ(第6戦)

#日本ペイントマレッツ

SHARE

大藤選手がビクトリーマッチを制し、ホーム開幕シリーズ2連勝!

【試合結果】10/10(日) vs.日本生命レッドエルフ(第6戦)

10/10(日) 日本ペイントマレッツ 3-2 日本生命レッドエルフ    https://tleague.jp/schedule/detail.php?id=317

【第1マッチ(ダブルス)】シャン シャオナ・フォン ティエンウェイ2-1 森 さくら・麻生 麗名(11-2/4-11/11-8)

【第2マッチ(シングルス)】大藤 沙月 3-1 笹尾 明日香(11-6/10-11/11-10/11-6)

【第3マッチ(シングルス)】フォン ティエンウェイ 2-3 ユ モンユ(6-11/11-5/6-11/11-10/7-11)

【第4マッチ(シングルス)】加藤 美優 2-3 森 さくら(11-10/6-11/11-10/8-11/9-11)

【ビクトリーマッチ】大藤 沙月 1-0 ユ モンユ(11-5)

チームの勝利がかかった“11”本目をものにした大藤選手は拳を握った。その瞬間三原監督、そして全選手の顔が綻んだ。大役を果たした大藤選手は、喜びと安堵が混じった笑顔でチームメイトの元にかけよった。

「よかった…」と加藤選手の口からこぼれていた。チームが2-0とリードする展開であと1マッチを取ればチームの勝利というプレッシャーは計り知れない。ビクトリーマッチ前も「頼んだよ大藤(選手)お願い勝って…!」とつぶやいていた声も聞こえてきた。だからこそ、その一言に重みがあったのだ。

ビクトリーマッチの起用について「加藤選手、大藤選手、2選手と話して決めたんです」と三原監督。「ユ選手との戦いになると予測した上で、加藤選手は前日の試合でハードな戦いをしていたこと、初対戦の大藤選手は得意のサーブで優位に進められる可能性があったこと、そういう点も踏まえていました」

見事、起用に応えた大藤選手は「初めてのビクトリーマッチでしたが、まわってきたら絶対自分で勝利を決めると思っていました。1ゲームという難しい試合ではありますが、サーブで崩すことはできるかなと…」と話した。

緊張することも多い大藤選手だが今日は緊張しなかったという。「第2マッチでまわってきた時に、(第1マッチの)フォン選手とシャン選手が勝ってくれたよい流れに乗れました」その言葉通り、ホーム開幕2連勝に貢献しているのが、第1マッチのフォン選手・シャン選手のダブルスだ。昨日記述した通りダブルスを入念に練習している2選手。チームの勝利を優先する2選手の存在は、これからもマレッツの選手たちに明るい光を与えるだろう。

たくさんのお客様に後押しを受け、白熱する戦いとなった大阪ダービーを制したマレッツは首位を走る。ゲームに出られず悔しい思いを押し殺しチームの為にサポートをしたり、他の選手の勝利を一緒に喜んだりと、全員で戦うことができている証が今の順位だ。シーズン最後までこの“全員卓球”を魅せてほしい。

☆Today's ONE Shot☆ photo by Yusuke Nakanishi

Today's ONE Shot

【次戦】10/16(土)18:00~ vs.九州アスティーダ @久留米スポーツセンター https://tleague.jp/schedule/detail.php?id=320

このWebサイトには、いくつかのCookieと同様の機能が必要です。
お客様が当社を許可する場合、当社はサービスを改善するために、これらの手段を使用して集計統計のお客様の訪問に関するデータを収集します。さらに、YouTubeを使用して動画を表示します。動画を視聴することにした場合にのみ、Cookieなどの手段を使用します。許可しない場合は、技術的なCookieのみ使用されます。
詳しくはこちら