閉じる
研究開発
技術紹介
最新トピックス
取組紹介
トップメッセージ

最新トピックス

第37回ロボット学会学術講演会(RSJ2019)にて口頭発表しました。

磁気粘弾性流体安定化技術ほか二件の技術を紹介

  • 日本ロボット学会主催 第37回学術講演会(RSJ2019)
    「メカトロニクスと機能性材料の応用」(OS-27)セッション
  • 2019年9月3日~7日 (発表は9月4日PM)
  • 早稲田大学(東京都新宿区)

メカトロニクスと機能性材料の応用

機械と材料を融合させる視点の新たなセッションを企画、現在開発を進めている磁気粘弾性流体(MRF)の安定化技術について、ロボット学会にて口頭発表いたしました。 塗料ではあたりまえとされる技術が、異分野のMRF安定化で有効に機能し、高い差別化性を有する新材料が提供可能となったという内容で、5月の高機能塗料展の出展内容を学術的に解説したものです。

今回、初めてオーガナイザーとして参画しましたが、新セッションとしては珍しく、参加者が100名近くに及ぶなど高い反響も得られました。その他二件、当該材料をロボット実機に搭載した事例、応用用途となるエラストマー化事例を共同研究者の早稲田大学と共著発表しています。今回の学会発表をきっかけに聴講された方々に当社技術やイノベーション創出活動に興味を持っていただき、協業してものづくりができる環境を整えてまいりたいと考えております。
【なお、この成果は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託業務の結果得られたものです。】


R&D本部 次世代技術研究所
坂本 裕之

※Smart R&D®は日本ペイントホールディングス株式会社の登録商標です。

※記載内容および所属役職等は発表当時の情報です。