閉じる
研究開発
技術紹介
最新トピックス
取組紹介
トップメッセージ

技術紹介

アイコン

制する

エコアプローチで “木性ペイント”はじめました

ここでは環境にやさしい天然由来素材(木質バイオマス)を活かしながら、
新たな付加価値を備えた塗料、“木性ペイント”についてご紹介します。

木性ペイント(高機能)

近年注目されているセルロースナノファイバー(CNF)を、当社の分散技術で塗料に均一に分散することで、外観を損ねずにワンランク上の強靭な塗膜を得ることができました。塗膜内部では、CNFがまるで鉄筋コンクリートにおける鉄筋のような役割をしていると考えています。その驚くべき強度は、実際におもりを用いた強度試験においても証明されています。

“塗膜強靭化のイメージ
塗膜強靭化のイメージ
塗膜強靭化のイメージ

木性ペイント(高意匠)

新たに開発した和紙調塗料は、楮(こうぞ)などに代表される和紙の繊維を当社の分散技術で配合しています。従来は予め準備した和紙を壁などに貼りつけることで意匠を付与していましたが、この塗料があれば塗装で簡単にその意匠を得ることができます。和紙繊維以外の繊維(プラスチック繊維など)の分散もできることがわかっており、意匠や性能のバリエーションの広がりが期待できます。

  • ガラス板に塗装した様子
    ガラス板に塗装した様子

    ガラス板に塗装した様子

  • 和紙調塗料で作成した和室模型※ふすまと障子部分が木性ペイントです!
    和紙調塗料で作成した和室模型※ふすまと障子部分が木性ペイントです!

    和紙調塗料で作成した和室模型
    ※ふすまと障子部分が木性ペイントです!

分散技術で塗料化

従来、繊維のようなアスペクト比(矩形における長辺と短辺の比率)が高い物質を塗料に配合する場合、繊維が絡まって凝集物ができてしまい、塗装外観が悪くなってしまいました。これらの課題は、当社の分散技術(濡らす、ほぐす、安定化を基本とした基盤技術)を応用することで解決することができます。このような特徴ある技術を作り上げられるのは、当社の高い分散技術力によるものです。

セルロース繊維、セルロースナノファイバーをと当社の分散技術で塗料化
セルロース繊維、セルロースナノファイバーをと当社の分散技術で塗料化

※Smart R&D®は日本ペイントホールディングス株式会社の登録商標です。