SCROLL

Englishお問い合わせ

SPサイト

 

日本ペイントホールディングス

世界で役立つ日本ペイント

Our Business Field

塗料から塗装、表面処理まで。技術の“深さ”と“広さ”を活かし、活動領域を世界へ広げています。

塗料事業

ファインケミカル事業

自動車を鮮やかに彩る自動車用塗料をはじめ、住宅を彩り、インフラを保護する汎用塗料など、社会のあらゆる場面で活躍する「塗料事業」、金属やプラスチックの表面に防錆性などの機能を付与する表面処理をはじめ、異素材の接着・接合を実現する「ファインケミカル事業」。“日本ペイント”は、この2つの事業を通し世界中のお客様に満足と感動を届けています。

Our Business Field

グローバルペイントメジャーをめざし、アジア・北米・欧州、そして中南米にも活躍の場を広げています。

その他

アジア

日本

北米

暮らしを彩る日本ペイント

創業以来、総合塗料メーカーとして、時代のニーズに応えながら成長を続けてきた“日本ペイント”。船舶用塗料にはじまった活動領域も、自動車、鉄道、住宅に使われる塗料の開発、販売、さらには金属やプラスチックに特殊な表面処理を施し、新たな機能性を付与するといったファインケミカルの分野にまで広がっています。

グループ売上高

グローバルペイントメジャーをめざし、売上を拡大

自動車用塗料

“日本ペイント”は自動車を作る全工程において、必要とされる塗料を一貫して提供できる体制を整えています。また、ユーザーの要望に応え、自動車ボディ用の遮熱塗料を開発するなど、より付加価値の高い塗料の開発に取り組んでいます。北米・欧州だけでなく、アジア・中南米など、需要が高まる新興国市場への進出も推進しています。

自動車用塗料

※決算期変更に伴い対象期間は、国内9ヶ月間・海外12ヶ月間

汎用塗料

戸建住宅・マンション・高層ビルなどの建築用の塗料や、橋梁やタンクなどの重防食用の塗料を提供する汎用塗料。施工現場の省工程化に応える塗料や、高速道路や橋梁など老朽化するインフラの長寿命化や保全に貢献する塗料を開発しています。特に、中国で展開する“立邦塗料”はトップブランドとして認知されています。

汎用塗料

※決算期変更に伴い対象期間は、国内9ヶ月間・海外12ヶ月間

工業用塗料

“日本ペイント”の工業用塗料は、建設機械、農機、住宅外装建材、オフィス機器、家電製品をはじめ、最新型の鉄道車両など、多岐にわたる工業分野において広く使われています。建築物の屋根や路面用の遮熱塗料、環境にやさしい粉体塗料など、総合塗料メーカーの強みを活かし、あらゆる分野へ高機能塗料を届けます。

工業用塗料

※決算期変更に伴い対象期間は、国内9ヶ月間・海外12ヶ月間

その他塗料

“日本ペイント”の工業用塗料は、建設機械、農機、住宅外装建材、オフィス機器、家電製品をはじめ、最新型の鉄道車両など、多岐にわたる工業分野において広く使われています。建築物の屋根や路面用の遮熱塗料、環境にやさしい粉体塗料など、総合塗料メーカーの強みを活かし、あらゆる工業分野へ高機能塗料を届けます。

船舶用塗料 自動車補修用・家庭用塗料 住宅内装用ペイント「ROOM BLOOM」

※決算期変更に伴い対象期間は、国内9ヶ月間・海外12ヶ月間

ファインケミカル事業

塗装の前工程として、金属やプラスチックの表面に防錆性などの機能を付与する表面処理をはじめ、異素材の接着・接合を実現するファインケミカル事業。例えば、普段何気なく飲んでいる飲料缶や、エアコンのフィンにも、“日本ペイント”の表面処理剤が使われています。塗料の開発で培った技術を活かし、先進的な技術を開発しています。

表面処理 ファインプロダクツ

※決算期変更に伴い対象期間は、国内9ヶ月間・海外12ヶ月間

中期経営計画

2015年度からスタートした中期経営計画「サバイバル・チャレンジⅢ」。将来のゴールをグローバルペイントメジャー※と位置付け、2017年度のあるべき姿を売上高7,000億円・営業利益率15%以上・ROE10%以上と設定しています。“日本ペイント”は、さらなる飛躍をめざし、「成長投資」「新興国におけるシェア拡大」「組織再編」など、成長のための施策を加速させています。

利益体質への転換

確固たる利益体質の定着

売上・利益の拡大世界トップレベルの企業へ

私たちはこれからも、さらに挑戦を続けます。

個人投資家の皆様へトップページ

※ コーティングスおよびその関連事業がそれぞれグローバル地域でLeading Position(=売上高Top3)を獲得している状態