ガバナンス

当社グループは、透明性・客観性・公正性を備えた経営を確保し、当社グループが活動する全ての社会からの信頼を得るために、実効性のあるガバナンスの枠組みを確立します。

内部統制

グローバルガバナンス

当社グループは、今や30の国と地域で事業を展開し、約34,000人の従業員数を有するグローバル企業となりました。
2020年3月の指名委員会等設置会社への移行に続き執行と監督の分離とともに、アジア合弁事業の100%化によるウットラムグループとの資本関係の整理など、グローバルガバナンスの強化に取り組んできたことにより、執行側ではさらなる意思決定の迅速化が進み、取締役会ではより高い独立性と客観性をもって執行側を監督することが可能となりました。
また、2021 年3月には、当社グループがグローバル塗料メーカーとして発展し、力強く連携する上で重要な役割を果たす「Purpose」を定めました。当社グループはパートナー会社の自律的経営を尊重しており、各パートナー会社が掲げる経営理念やビジョンを尊重しながら、グループ全体を貫く包括的な経営の価値観としてPurposeを位置付けています。2021年4月からの若月・ウィー代表執行役共同社長体制下で、M&Aなどによりさらなるグループ拡大が進展するなか、グローバルに広がる事業の連携の向上を目指していきます。それらを監督する取締役会としては、監査委員会を中心としたグローバル監査体制を強化するとともに、コーポレート・ガバナンス方針の見直しや、グローバルでのリスクマネジメントや内部通報制度の在り方などについても議論を重ねており、引き続きグローバルガバナンスの整備を進めていきます。

グローバル監査体制確立に向けた取り組み

監査部は、監査委員会と代表執行役共同社長へのダブルレポートラインを設定し、監査の独立性と妥当性を確保しています。当社監査部は、監査委員会の監査活動の支援およびJ-SOX評価を行う他、各地域の内部監査組織が実施する監査活動を統括することにより、グローバルな内部監査体制の構築を担当しています。具体的には、各拠点が実施するリスク評価結果の分析を行う他、国内外の内部監査部門の連携を推進することによりグループ全体の内部監査の成熟度向上を進めております。これらにより当社グループのガバナンス、プロセス、リスクマネジメントなどの内部統制システムの実効性をリスクベースで評価することで、各拠点が実施する内部監査の結果に依拠する「Audit on Audit」の枠組みを確立することを目指しています。

グループ監査体制 (Audit on Audit)

グループ監査体制 (Audit on Audit)

内部統制の基本方針(内部統制システム基本方針)

当社は、上場持株会社として、その子会社の自主性及び自律性を尊重しつつ、当社および当社子会社からなる企業集団(以下「当社グループ」という)全体の健全かつ適法な事業運営を確保するため、本方針に基づき、当社グループの内部統制システムを構築し、その整備・運用状況を継続的に評価し、必要な改善措置を講じます。
また、当社は、経営環境の変化等に応じて本方針を継続的に見直し、より一層実効性のある内部統制システムの整備・運用に努めます。

  • 内部統制システムの基本方針(2022年1月1日改正)
    PDF223KB

内部統制システムの運用状況(内部統制システム運用状況報告書)

当社は、内部統制システム基本方針に基づく内部統制システムの管理状況報告を、「業務の適正を確保するための体制の運用状況」として事業報告にて開示しております。

  • 業務の適正を確保するための体制および当該体制の運用状況 (2022年2月14日改正)
    PDF118KB
このWebサイトには、いくつかのCookieと同様の機能が必要です。
お客様が当社を許可する場合、当社はサービスを改善するために、これらの手段を使用して集計統計のお客様の訪問に関するデータを収集します。さらに、YouTubeを使用して動画を表示します。動画を視聴することにした場合にのみ、Cookieなどの手段を使用します。許可しない場合は、技術的なCookieのみ使用されます。
詳しくはこちら