個人投資家の皆様へ

拡大を続ける塗料業界において、リーディングカンパニーとして持続的成長を果たす当社グループをより深くご理解いただけるよう、独自の強みや取り組み、経営戦略などを分かりやすくご説明します。

文字サイズ

4つの強み

4つの強みを軸に株主価値最大化(MSV)に尽力していきます

1. 成長する塗料業界のリーディングカンパニー

塗料業界のグローバルマーケットシェア

グローバルの塗料市場は成長産業であり、世界人口の増加に伴って塗料需要の確実な伸長が期待できます。当社は現在、アジア1位・世界4位の市場シェアを誇りますが、世界シェアの半分を中小メーカーが占めていること、環境対応や資金力などの面で大手企業でなければ対応できない課題が増えていることなどを踏まえると、今後も当社がシェア拡大を実現する余地は大いにあると考えています。

2. アジア・中国での圧倒的なポジション

当社グループにおいて中国をはじめとするアジア事業は成長のけん引役であり、連結売上収益の46%を占めています。世界最大の市場である中国塗料市場は、2019~2024年に年平均5.3%と引き続き高い成長が見込まれる中、「立邦」の高いブランド力と強力な販売網を武器に市場優位なポジションを確立するなど、高成長を続けています。

アジア5ヵ国とトルコで市場シェアNo.1、特に中国では現地化が奏功し、高成長を達成

5ヵ国で市場シェアNo.1、特に中国では現地化が奏功し、高成長を達成の実績画像

※建築用事業の展開国・市場シェアNo.1

3. 積極的なM&Aを支える力強いパートナーシップ

M&Aは当社の成⻑戦略の重要な要素であり、今後も新たなパートナーの参加を積極的に検討するなど、M&Aの活⽤を継続します。

2021年~積極的なM&Aを継続する図
サイエンス+イマジネーションの力で、わたしたちの世界を豊かに。

当社の主⼒事業である汎⽤(建築⽤)塗料事業には、「地産地消」という特徴があります。そのため、ホールディングス(持株会社)である当社がグループ全体を横断的に統制することは、あまり意味がありません。むしろパートナー各社が互いに学べるものは学び、グループとしての相乗効果を創出していくことこそ重要と考えています。したがって、当社グループでは親会社、⼦会社で上下関係を設けず、各パートナー会社が売上・利益成⻑に向けて、情報共有しながらも、⾃律的に邁進していく経営スタイルをユニークな強みとしています。

4. 先進的なガバナンス

日本企業では約80社しか採用していない指名委員会等設置会社に移行するなど、ガバナンス機能を強化しています。

ガバナンス図

当社ガバナンスの特徴

  • 取締役会における社外取締役の比率73%
  • 各委員会における独立社外取締役の比率67%以上

関連ページ

このWebサイトには、いくつかのCookieと同様の機能が必要です。
お客様が当社を許可する場合、当社はサービスを改善するために、これらの手段を使用して集計統計のお客様の訪問に関するデータを収集します。さらに、YouTubeを使用して動画を表示します。動画を視聴することにした場合にのみ、Cookieなどの手段を使用します。許可しない場合は、技術的なCookieのみ使用されます。
詳しくはこちら