個人投資家の皆様へ

拡大を続ける塗料業界において、リーディングカンパニーとして持続的成長を果たす当社グループをより深くご理解いただけるよう、独自の強みや取り組み、経営戦略などを分かりやすくご説明します。

文字サイズ

成長戦略

2021年8月10日に公表したウットラムへの事業譲渡に伴い、欧州自動車用事業およびインド2事業を非継続事業へ分類。2021年12月期は非継続事業を除いた継続事業のみの金額。また2020年12月期もIFRS会計基準に基づき遡及修正を実施した金額

過去10年間の売上収益・株価の軌跡

組織基盤の強化や積極的なM&Aなどにより、当社グループはグローバルで着実に成長を続けてきました。

売上収益(億円) 国内 海外株価注(1) 当社 TOPIX

売上収益と株価

注(1)2009年4月1日終値を100として、当社株価・TOPIXを指数化
注(2)2016/12期より12月決算に変更。売上高数値は2016年4月~12月の9カ月の数値
注(3)2018/12期までは日本会計基準、2019/12期以降はIFRSの数値を記載

主な出来事

  • 2009~2014

    • 2009.04

      • 酒井健二が代表取締役社長に就任
      • 「サバイバルチャレンジ」の取り組み
    • 2013.01

      ウットラムグループからの出資拡大提案

    • 2014.02

      アジア合弁事業の連結化を発表

    • 2014.10

      ホールディングス体制に移行

  • 2015~2019

    • 2015.04

      • 国内事業再編、事業別に事業会社に分社化
      • 田堂哲志が代表取締役社長に就任
    • 2016.12

      Dunn-Edwards社の買収を発表

    • 2018.01

      ウットラムグループからの社外取締役の増員提案

    • 2019.02

      田中正明の代表取締役会長就任を発表

    • 2019.04

      DuluxGroup社、Betek Boya社の買収を発表

    • 2019.09

      田中正明の社長CEO就任を発表

  • 2020~2022

    • 2020.03

      指名委員会等設置会社に転換

    • 2020.08

      アジア合弁事業100%化並びにインドネシア事業の買収を発表

    • 2020.10

      自動車用塗料事業のグローバル一体化組織発足を発表

    • 2021.03

      Vital Technical社の買収を発表

    • 2021.04

      共同社長体制へ移行

    • 2021.08

      • ウットラムグループへ欧州自動車用事業
      • インド事業の譲渡を発表
    • 2021.10

      • Cromology社 / JUB社の買収を発表
      • 持株会社と国内機能会社体制への分社化を発表
    • 2021.11

      中国自動車用連結子会社の完全子会社化を発表

    • 2022.01

      株式売出し

    • 2022.02

      新取締役会体制を発表

地域別売上収益構成比

地域別売上収益構成比のグラフ

事業別売上収益構成比

事業別売上収益構成比のグラフ

2021年12月期業績ハイライト

当社グループの当連結会計年度の業績につきましては、アジア合弁事業の100%子会社化や、Wuthelamグループ(Wuthelam Holdings Limited(以下「Wuthelam社」といい、ゴー・ハップジン氏と併せて「Wuthelam社ら」と総称します。)及びその代表者であるゴー・ハップジン氏並びにWuthelam社の子会社及びWuthelam社らが実質的に支配する者の総称を意味します。)が保有するインドネシア事業の子会社化に加え、主力事業である中国の汎用塗料が好調に推移したことなどにより、連結売上収益は9,982億76百万円(前期比29.2%増)となりました。連結営業利益は、各地で原材料価格が上昇したにも拘わらず、増収効果により、876億15百万円(前期比0.0%増)となりました。連結税引前利益は864億67百万円(前期比3.3%減)、親会社の所有者に帰属する当期利益は675億69百万円(前期比53.8%増)となりました。

売上収益増減分析

売上収益増減分析

営業利益増減分析

営業利益増減分析



中期経営計画(2021-2023年度)進捗の概要 ※2022年3月16日発表

中計1年目は、高い自律的成長にM&Aによる成長も付加する、「アセット・アセンブラー」としての基盤構築の1年。
中長期的な成長への飽くなき追求は今後も加速。

中期経営計画(2021-2023年度)進捗をもっと詳しく知りたい方へ



新中期経営計画(2021-2023年)※2021年3月5日発表

新中期経営計画(2021-2023年度)の概要

新中期経営計画の位置付け

財務計画

財務計画
  • 一過性費用除く
  • EBITDA:営業利益+減価償却費及び償却費+減損損失
  • 親会社に帰属する当期利益の目標値は、営業利益に想定実効税率を乗じて算出
  • 為替レート前提 円/米ドル:106.0 円/人民元:15.7 円/豪ドル:75.0 ナフサ価格:40,000円
  • circa:約
  • 2021年1月25日付増資による増加後の株式数をベースに算出(期間按分除く)

新中期経営計画(2021-2023年度)をもっと詳しく知りたい方へ

関連ページ

このWebサイトには、いくつかのCookieと同様の機能が必要です。
お客様が当社を許可する場合、当社はサービスを改善するために、これらの手段を使用して集計統計のお客様の訪問に関するデータを収集します。さらに、YouTubeを使用して動画を表示します。動画を視聴することにした場合にのみ、Cookieなどの手段を使用します。許可しない場合は、技術的なCookieのみ使用されます。
詳しくはこちら