個人投資家の皆様へ

拡大を続ける塗料業界において、リーディングカンパニーとして持続的成長を果たす当社グループをより深くご理解いただけるよう、独自の強みや取り組み、経営戦略などを分かりやすくご説明します。

文字サイズ

成長戦略

2021年8月10日に公表したウットラムへの事業譲渡に伴い、欧州自動車用事業およびインド2事業を非継続事業へ分類。2021年12月期は非継続事業を除いた継続事業のみの金額。また2020年12月期もIFRS会計基準に基づき遡及修正を実施した金額

過去10年間の売上収益・株価の軌跡

組織基盤の強化や積極的なM&Aなどにより、当社グループはグローバルで着実に成長を続けてきました。

売上収益(億円) 国内 海外 株価注(1) 当社 TOPIX

売上収益と株価

注(1)2009年4月1日終値を100として、当社株価・TOPIXを指数化
注(2)2016/12期より12月決算に変更。売上高数値は2016年4月~12月の9カ月の数値
注(3)2018/12期までは日本会計基準、2019/12期以降はIFRSの数値を記載

主な出来事

  • 2009~2016

    • 2009.04

      • 酒井健二が代表取締役社長に就任
      • 「サバイバルチャレンジ」の取り組み
    • 2013.01

      ウットラムグループからの出資拡大提案

    • 2014.02

      アジア合弁事業の連結化を発表

    • 2014.10

      ホールディングス体制に移行

    • 2015.04

      • 国内事業再編、事業別に事業会社に分社化
      • 田堂哲志が代表取締役社長に就任
    • 2016.12

      Dunn-Edwards社の買収を発表

  • 2018~2020

    • 2018.01

      ウットラムグループからの社外取締役の増員提案

    • 2019.02

      田中正明の代表取締役会長就任を発表

    • 2019.04

      DuluxGroup社、Betek Boya社の買収を発表

    • 2019.09

      田中正明の社長CEO就任を発表

    • 2020.03

      指名委員会等設置会社に転換

    • 2020.08

      アジア合弁事業100%化並びにインドネシア事業の買収を発表

    • 2020.10

      自動車用塗料事業のグローバル一体化組織発足を発表

  • 2020~2023

    • 2021.03

      Vital Technical社の買収を発表

    • 2021.04

      共同社長体制へ移行

    • 2021.08

      • ウットラムグループへ欧州自動車用事業
      • インド事業の譲渡を発表
    • 2021.10

      • Cromology社 / JUB社の買収を発表
      • 持株会社と国内機能会社体制への分社化を発表
    • 2021.11

      中国自動車用連結子会社の完全子会社化を発表

    • 2022.01

      株式売出し

    • 2022.02

      新取締役会体制を発表

    • 2023.02

      NPT社の買収を発表

地域別売上収益構成比

地域別売上収益構成比のグラフ

事業別売上収益構成比

事業別売上収益構成比のグラフ

2022年12月期業績ハイライト

当社グループの当連結会計年度の業績につきましては、2022年1月20日にクロージングした欧州塗料メーカーCromology Holding SASの子会社化、2022年5月31日にクロージングした欧州塗料メーカーDP JUB delniska druzba pooblascenka d.d.の子会社化や円安の影響、加えて主力事業である中国の汎用塗料が継続的な製品値上げを進めて好調に推移した結果、連結売上収益は1兆3,090億21百万円(前期比31.1%増)となりました。連結営業利益は、各地で原材料価格が上昇し、中国において貸倒引当金を追加計上したものの、製品値上げの浸透により、1,118億82百万円(前期比27.7%増)となりました。 連結税引前利益は1,044億95百万円(前期比20.9%増)、親会社の所有者に帰属する当期利益は794億18百万円(前期比17.5%増)となりました。

売上収益増減分析

売上収益増減分析

営業利益増減分析

営業利益増減分析



中期経営計画(2021-2023年度)進捗の概要 ※2023年4月7日発表

オーガニック+M&A を通じ、 MSV(株主価値最大化)を実現する当社モデルの強さを再認識

中計策定時比で急激な外部環境の変化があるもオーガニック+M&A による着実な成長を見込む

中計策定時点と現在の比較(2023年12月期予想)

売上収益については、2021年当時は2023年に1兆1,000億円を目指していましたが、現在は1兆4,000億円をガイダンスとしています。

(億円)
2021年3月中計策定時
2023年2月発表
売上収益
2021年3月中計策定時
11,000
2023年2月発表
14,000
営業利益
2021年3月中計策定時
1,400
2023年2月発表
1,400

中期経営計画(2021-2023年度)進捗をもっと詳しく知りたい方へ


中期経営計画(2021-2023年度)関連リンク


関連ページ

このWebサイトには、いくつかのCookieと同様の機能が必要です。
お客様が当社を許可する場合、当社はサービスを改善するために、これらの手段を使用して集計統計のお客様の訪問に関するデータを収集します。さらに、YouTubeを使用して動画を表示します。動画を視聴することにした場合にのみ、Cookieなどの手段を使用します。許可しない場合は、技術的なCookieのみ使用されます。
詳しくはこちら