事業領域

当社が展開する事業領域についてご紹介します。

Paint++ ―塗料のみならず、さらにその周辺領域へ―

塗料・コーティング分野にとどまらず、さらにその周辺分野へ(Paint++)――当社は、事業領域を中⻑期的に押し広げていく戦略を進めています。積極的なM&A戦略により、既存分野だけでなく、さらなる領域でもアセットを積み上げ、MSVを実現していきます。

Paint++の図

強⼤な市場規模を誇る塗料・周辺分野

世界の塗料需要推移の図

世界の塗料需要推移※1 ※2

当社は、人口や1人当たりGDPの増加、都市化の進展などとの相関性が高く、巨大な市場規模を誇り、今後の成長ポテンシャルの大きい塗料・周辺分野に特化しており、深い専門知識を有しています。SAF(密封剤・接着剤・充填剤)やCC(建設化学品)に代表される塗料周辺市場も魅力的な市場規模となっており、塗料製品に加えて、周辺製品をワンストップで提供できる体制を整えています。

※1 各国・地域の合計値は2019 年の市場規模予想
※2 出典:ACA-published Global Market Analysis for the Paint & Coatings Industry(2019 - 2024), https://paint.org/market

塗料市場は、社会インフラの支え役として、人口増加や経済発展など需要の高まりによって着実に成長
2019-2024年 CAGR(年平均成長率)4.2%

人口:United Nations, Department of Economic and Social Affairs, Population Division (2019). World Population Prospects 2019, Online Edition. Rev. 1.
塗料需要:ACA-published Global Market Analysis for the Paint & Coatings Industry (2019-2024); https://paint.org/market



塗料・周辺事業のリスク・リターン優位性

日本ペイントホールディングス アジア1位 世界4位の市場シェア

当社は、塗料・周辺市場において、強いブランド力・高い市場シェアを有しており、新規参入ハードルを高め、強固なリーディングポジションを構築しています。地産地消で地域特性のある塗料・周辺市場は、自律・分散型経営によってPMIリスクを最小化できる一方、利益・キャッシュ創出を見込みやすい“ローリスク・グッドリターン”の特長を有しており、M&Aにも適した市場となっています。

塗料・塗料周辺事業の特長
  • 地産地消型ビジネスのイメージ図

    地産地消型ビジネス 各国・地域で異なる顧客ニーズ

  • 上位8社の市場専有率 約50%

    高い参入障壁 少ない上位ブランドが市場を占有

  • 市場規模 SAF 600億米ドル(グローバル)、CC 715億米ドル(グローバル)、ETICS(断熱材) 3,500百万ユーロ(欧州)

    塗料周辺にも魅力的な市場がいくつも集積 塗料製品に加えて、周辺製品をワンストップで提供

※3 出典:Fortune Business Insights
※4 出典:ReportLinker
※5 出典:European Commission Paper


事業概要

汎⽤塗料や⾃動⾞⽤塗料を中⼼とした塗料・コーティング事業、接着剤や断熱材などを中⼼とした塗料周辺事業を展開しています。

事業別売上収益構成比の図

アセット別詳細


関連ページ

このWebサイトには、いくつかのCookieと同様の機能が必要です。
お客様が当社を許可する場合、当社はサービスを改善するために、これらの手段を使用して集計統計のお客様の訪問に関するデータを収集します。さらに、YouTubeを使用して動画を表示します。動画を視聴することにした場合にのみ、Cookieなどの手段を使用します。許可しない場合は、技術的なCookieのみ使用されます。
詳しくはこちら