業績・財務・ESGデータ

直近の決算状況や業績見通しの解説に加えて、主要な財務・非財務・ESGデータを過年度にわたりグラフで掲載しています。

文字サイズ

直近の業績・見通し

直近の業績

<2021年12月期 第2四半期の連結業績(2021年1月1日~2021年6月30日)>

当社グループの当第2四半期連結累計期間の業績につきましては、アジア合弁事業の100%子会社化や、Wuthelamグループ(WUTHELAM HOLDINGS LIMITED(以下「Wuthelam社」といい、ゴー・ハップジン氏と併せて「Wuthelam社ら」と総称します。)及びその代表者であるゴー・ハップジン氏並びにWuthelam社の子会社及びWuthelam社らが実質的に支配する者の総称を意味します。)が保有するインドネシア事業の子会社化に加え、主力事業である中国の汎用塗料が好調に推移したことなどにより、連結売上収益は4,976億62百万円(前年同期比44.1%増)となりました。連結営業利益は、各地で原材料価格が上昇したものの、増収効果により486億55百万円(前年同期比40.3%増)となりました。連結税引前四半期利益は481億95百万円(前年同期比41.8%増)、親会社の所有者に帰属する四半期利益は337億31百万円(前年同期比99.7%増)となりました。

日本

当地域では、自動車用塗料については、半導体供給不足の影響を受けたものの、自動車生産台数が前年同期を上回り、売上収益は前年同期を上回りました。工業用塗料の売上収益については、新設住宅着工戸数など市況が堅調に推移したことに加え、建設機械市場など新型コロナウイルス感染症の影響からの回復が見られ、前年同期を上回りました。汎用塗料の売上収益については、新型コロナウイルス感染症の再拡大の影響に伴う塗装工事の遅延や新規発注の低迷により、前年同期並みとなりました。
これらにより、当地域セグメントの連結売上収益は802億14百万円(前年同期比5.9%増)となりました。また、連結営業利益は73億47百万円(前年同期比6.9%増)となりました。なお、第1四半期連結会計期間より、各セグメントの経営成績をより適切に反映するため、従来日本セグメントに配分しておりました提出会社における本部費用を各セグメントに帰属しない「調整額」として表示する方法に変更しております。

アジア

当地域では、2021年1月からのインドネシア事業の損益を当社グループの連結業績に反映しております。自動車用塗料の売上収益については、中国・タイにおいて自動車生産台数が前年同期を上回るなど、市況の回復が継続し、前年同期を上回りました。アジアの主力事業である汎用塗料の売上収益については、インドネシア事業の貢献に加え、中国において新築住宅等建設及び既存住宅向け内装需要の回復が継続したこと、また中国、マレーシア、シンガポール、インドネシア等の主要市場において、積極的な拡大策の結果、市場シェアも向上したこともあり、前年同期を上回りました。
これらにより、当地域セグメントの連結売上収益は2,631億42百万円(前年同期比74.9%増)、連結営業利益は336億88百万円(前年同期比58.2%増)となりました。

オセアニア

当地域では、汎用塗料においては、前年の山火事や洪水の影響がなくなったことに加えて、住宅リノベーション需要が堅調に推移したことで、前年同期を上回りました。塗料周辺事業についても、同住宅リノベーション需要が堅調に推移したことで、前年同期を上回りました。
これらにより、当地域セグメントの連結売上収益は841億69百万円(前年同期比25.9%増)、連結営業利益は112億43百万円(前年同期比35.4%増)となりました。

米州

当地域では、自動車用塗料の売上収益については、中核地域であるアメリカにおいて、半導体供給不足による生産調整の影響を受けたものの、自動車生産台数が前年同期を上回り、自動車部品の販売も堅調に推移したことで、前年同期を上回りました。汎用塗料の売上収益については、底堅い住宅需要や好天が影響し、前年同期を上回りました。
これらにより、当地域セグメントの連結売上収益は384億円(前年同期比17.4%増)、連結営業利益は27億38百万円(前年同期比131.0%増)となりました。

その他

当地域では、自動車用塗料の売上収益については、半導体不足などの影響により各国で状況は異なるものの、新型コロナウイルス感染症の影響からの市況回復が継続し、前年同期を上回りました。汎用塗料及び塗料周辺事業の売上収益は、旺盛な市況の継続と販促活動の奏功により、前年同期を上回りました。
これらにより、当地域セグメントの連結売上収益は317億34百万円(前年同期比61.6%増)、連結営業利益は23億62百万円(前年同期比156.3%増)となりました。

地域別売上収益構成比
単位:(百万円)
地域別売上収益構成比
日本:80,214
アジア:263,142
オセアニア:84,169
米州:38,400
その他:31,734
事業別売上収益構成比
単位:(百万円)
地域別売上収益構成比
自動車用塗料:74,458
汎用塗料:294,056
工業用塗料:43,977
ファインケミカル:9,113
その他塗料:28,577
塗料周辺事業:47,479

《売上収益》

売上収益グラフ売上収益グラフ

(単位 : 百万円)


1Q2Q累計3Q累計通期
2021年12月期231,426497,662--
2020年12月期162,916345,440562,294781,146
2019年12月期147,359312,424495,119692,009

※1Q:第1四半期 2Q:第2四半期 3Q:第3四半期

《営業利益》

営業利益グラフ営業利益グラフ

(単位 : 百万円)


1Q2Q累計3Q累計通期
2021年12月期26,26048,655--
2020年12月期15,23434,66963,31486,933
2019年12月期20,12941,94566,47978,060

※1Q:第1四半期 2Q:第2四半期 3Q:第3四半期

《親会社の所有者に帰属する当期利益》

親会社の所有者に帰属する当期利益親会社の所有者に帰属する当期利益

(単位 : 百万円)


1Q2Q累計3Q累計通期
2021年12月期17,68533,731
--
2020年12月期7,47016,89031,637
44,648
2019年12月期10,64820,93932,69736,717

※1Q:第1四半期 2Q:第2四半期 3Q:第3四半期

業績見通し

<2021年12月期業績見通し> ※2021年10月12日修正

《修正の理由》

主力事業である汎用塗料事業は、順調に推移した一方、自動車用塗料事業は、半導体不足や新型コロナウイルスの影響に伴い自動車生産台数が各地域で想定を下回り、連結売上収益としては概ね当初の予想通りとなる見込みです。
利益項目につきましては、国内外における原材料価格の高騰が想定以上に続いており、製品価格の値上げや代替品の調達に加え、販管費の見直しなどに努めたものの、原材料費用の上昇等を吸収するまでには至っていません。これらの要因を踏まえた結果、通期の営業利益、税引前利益、親会社の所有者に帰属する当期利益のいずれも前回発表予想を下回る見込みのため、下方修正いたします。

(単位 : 億円)


2020年
12月期
実績
2021年
12月期
予想
(2月時点)
2021年
12月期
予想
(8月時点)
2021年
12月期
予想
(10月時点)
実績
vs
10月時点
8月時点
vs
10月時点
売上収益7,8118,90010,10010,00028.0%-1.0%
営業利益
(アジアJV等費用考慮前)
8699201,070850-2.2%-20.6%
アジアJV等費用--50-50-50--
営業利益8698701,020800-8.0%-21.6%
親会社の所有者に帰属する当期利益44667078060034.4%-23.1%


業績見通しの諸前提

日本

 
2020年度実績
 (短信ベース)
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
2月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
8月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
10月予想
売上収益
(億円)
営業
利益率
YoY
売上収益
YoY
営業利益率
YoY
売上収益
YoY
営業利益率
YoY
売上収益
vs 8月予想
営業利益率
売上収益
1,596
10.1%
(HD費用除く)
+5%前後
矢印横右
+5%前後
矢印斜め右下
±0%
Slightly
Below
自動車用
347

±0%

+10%前後

±0%

汎用
437

+10%前後

+5%前後

+5%前後

工業用
353

+15%前後

+10%前後

+10%前後

NIPSEA中国

 
2020年度実績
 (短信ベース)
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
2月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
8月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
10月予想
売上収益
(億円)
営業利益率
YoY
売上収益
YoY利益率
YoY
売上収益
YoY利益率
YoY
売上収益
vs 8月予想
営業利益率
売上収益
2,681
16.4%
+10%前後
矢印横右
+30%前後
矢印斜め右下
+30%前後
Below
汎用(DIY)
2,160

+10%前後

+30%前後

+30%前後

汎用(PRJ)

+20%前後

+30%前後

+30%前後

自動車用
318

+5~10%

+10%前後

+5~10%

アジア(NIPSEA中国以外)

 
2020年度実績
 (短信ベース)
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
2月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
8月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
10月予想
売上収益
(億円)
営業利益率
YoY
売上収益
YoY利益率
YoY
売上収益
YoY利益率
YoY
売上収益
vs 8月予想
営業利益率
売上収益
885
12.5%
+5~10%
矢印横右
+20~25%
矢印横右
+20~25%
Below

インドネシア

 
2020年度実績
 (短信ベース)
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
2月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
8月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
10月予想
売上収益
(億円)
営業利益率
YoY
売上収益
YoY利益率
YoY
売上収益
YoY利益率
YoY
売上収益
vs 8月予想
営業利益率
売上収益
303
33.8%
(ご参考)
+10~15%
矢印横右
(ご参考)
+25~30%
矢印横右
(ご参考)
+15~20%
Slightly
Above

オセアニア

 
2020年度実績
 (短信ベース)
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
2月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
8月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
10月予想
売上収益
(億円)
営業利益率
YoY
売上収益
YoY利益率
YoY
売上収益
YoY利益率
YoY
売上収益
vs 8月予想
営業利益率
売上収益
1,483
11.6%
 (PPA償却前)
+0~5%
矢印右上
+5%前後
矢印横右
+5%前後
Inline

米州

 
2020年度実績
 (短信ベース)
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
2月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
8月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
10月予想
売上収益
(億円)
営業利益率
YoY
売上収益)
YoY利益率
YoY
売上収益
YoY利益率
YoY
売上収益
vs 8月予想
営業利益率
売上収益
701
6.4%
+5%前後
矢印横右
+5%前後
矢印横右
+5%前後
Slightly
Below
自動車用
210

+5~10%

+5%前後

±0%

汎用
465

+5%前後

+5~10%

+5%前後

その他

 
2020年度実績
 (短信ベース)
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
※2月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
※8月予想
2021年度見通し
(現地通貨ベース)
10月予想
売上収益
(億円)
営業利益率
YoY
売上収益
YoY利益率
YoY
売上収益
YoY利益率
YoY
売上収益
vs 8月予想
営業利益率
Betek Boya
362
13.8%
 (PPA償却前)
+10%前後
矢印横右
+40%前後
矢印斜め右下
+45%前後
Slightly
Below

※数値は現地通貨ベース



関連ページ

このWebサイトには、いくつかのCookieと同様の機能が必要です。
お客様が当社を許可する場合、当社はサービスを改善するために、これらの手段を使用して集計統計のお客様の訪問に関するデータを収集します。さらに、YouTubeを使用して動画を表示します。動画を視聴することにした場合にのみ、Cookieなどの手段を使用します。許可しない場合は、技術的なCookieのみ使用されます。
詳しくはこちら