研究開発
2020.11.17

フェイスシールド用 曇り・映り込み防止技術

コロナ禍で要求の高まるフェイスシールドにおいて、自動車内装塗料の技術を応用し、曇り・映り込み防止機能を付与しました。ユーザーストレスの低減に貢献します。

#感染症対策 #New Normal #生活水準の向上 #労働災害・健康被害 #注目の技術 #製品化済

SHARE

フェイスシールド用 曇り・映り込み防止技術

フェイスシールド用 曇り・映り込み防止技術とは

コロナ禍の中、感染防止ツールとして注目されたフェイスシールド。
しかし、フェイスシールドの課題として、吐く息でシールドが曇ってしまう「曇り」、そしてシールドに顔や景色が映り込んで視認性が低下する「映り込み」がありました。これらの課題を弊社の自動車用塗料、塗装の技術開発で培ってきた「防曇技術」「反射防止技術」で解決しました。

どのような技術か?

【防曇機能】
「曇る」という現象は、塗膜表面に付着した呼気の水分で光が乱反射してぼやけて見える状態です。これを解決するために、塗膜に吸水成分を導入しました。塗膜表面に付着した水分を内部に吸収することで乱反射を低減し、曇りを防ぎます。
【映り込み防止】
図中の関係式から、反射光を減少させられれば透過光が増加します。塗膜1、2の屈折率の差を利用して反射光同士をぶつけ、光路を変えることで透過光を増加します。これにより、映り込みを低減します。

社会課題解決への貢献

世界を襲った新型コロナウイルスの感染拡大が衰える兆しは、いまだ見えません。飛沫防止にはストレスも発生します。そこで、安全と快適さの両立を達成できないか・・・。 わたしたちの挑戦が始まりました。その最初の貢献策が、フェイスシールド用の反射・曇り防止塗膜の提供です。これからも引き続き、社会課題の解決に挑戦していきます。

関連記事

技術一覧

このWebサイトには、いくつかのCookieと同様の機能が必要です。
お客様が当社を許可する場合、当社はサービスを改善するために、これらの手段を使用して集計統計のお客様の訪問に関するデータを収集します。さらに、YouTubeを使用して動画を表示します。動画を視聴することにした場合にのみ、Cookieなどの手段を使用します。許可しない場合は、技術的なCookieのみ使用されます。
詳しくはこちら