お知らせ

採用情報
2019.04.01

2019年 入社式 社長式辞

#採用情報

SHARE

日本ペイントホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、社長:田堂哲志)は、本日、大阪本社ビルにおいて 2019年度の合同入社式を実施いたしました。

今年度は、
日本ペイントホールディングス(株)に39名(男性26 名、女性13名)
日本ペイント・オートモーティブコーティングス(株)に11名(男性6名、女性5名)
日本ペイント・インダストリアルコーティングス(株)に7名(男性5名、女性2名)
日本ペイント(株)に16名(男性12名、女性4名)
合計73名の新入社員および研修生が入社いたしました。
以下に、社長式辞全文を掲載いたします。


<2019年度入社式/社長式辞>

日本ペイントホールディングス株式会社
代表取締役社長兼CEO
 田堂哲志


おはようございます。

73名の新入社員の皆さん、Welcome to NPHD Group!

日本ペイント・オートモーティブコーティングス、日本ペイント・インダストリアルコーティングス、日本ペイント、そして、日本ペイントホールディングスへの入社、おめでとうございます。日本ペイントホールディングス・グループを代表し、心より歓迎いたします。

本日、社会人としての第一歩を踏み出された訳ですが、立場が変わり、“ボチボチ”なんて言っていられない事実があります。

今まで、学校では学生として、家庭では扶養される立場として、社会、先生、ご両親の庇護のもとで生きてこられました。今日からは社会の一員として、社会、家族を守り、かつ、世の中に貢献しなければならない立場に変わったのです。当然、自分に対しても自分で責任を取らなければなりません。

人生100年時代と言われていますが、企業人として元気に働くことができるのは、50年程度でしょうか。皆さんからすれば、気の遠くなりそうな時間に思えるかもしれません。社会人としてしっかり責任を持って、やり抜かなければならないのです。しかし、すでに40年以上働いてきたわたくしの立場から申し上げると、“あっ”という間に過ぎ去ってしまったと感じています。長いか短いかは見方次第ですが、時間の流れは時に残酷で、希望に満ちた人生の選択肢を限定的にし、その結果は、納得できるものかどうかは別として「現実」として突き付けられ、人生の歴史に残ります。限られた人生の時間のなかで、くじけそうになっても、自らの道を拓き、前に進み続けなければなりません。振り返れば“あっ”という間に過ぎ去ってしまう大切で貴重な時間を、どのように意味のある、納得のいくものにしていけるのかは、皆さん一人ひとりの責任なのです。

企業社会は競争社会です。競合に遅れをとってはなりません。製品が他社より劣っていれば、お客様は買ってくれません。買ってもらえなければ、利益は出ません。利益が出なければ、会社は潰れてしまいます。

鎬を削る訳ですが、社内においても同様に競争が待ち受けています。そんな中で、自己研鑽を続け自らの価値を高めることは必須です。しかしながら、それだけでは不充分です。会社は組織です。組織とは複数人、つまり2人以上の集団で、チームの目標をはっきりさせ、目標を設定し、実行し成果を出さなければなりません。いくら優秀でも一人の力だけで解決できるようなシンプルなものではないのです。集団の中において、協業、協働できる能力が必要になります。更に、その集団を率いるリーダーになるためには、リーダーとしてふさわしい行動を取り、チームメンバーから尊敬される人物であることが求められます。そのような人材となれるよう、日々の研鑽をお願いします。

当社は、創業者の茂木重次郎氏が、「塗料で世の中を明るくしたい」という想いから当社の前身である“光明社”を設立して以来138年の歴史を刻んできましたが、今、羅針盤となる“ありたい姿”を策定し、お客様をはじめとする全てのステークホルダーから納得を得られる活動をして、企業価値ひいては株主価値を最大化しようとしています。それぞれ思想や価値観の異なる人々がここに集い、お互いに切磋琢磨しながら、仲間として、チームとして戦っています。ここにこうして当社グループに入社されたのも、73名の同期がここに出会ったのも何かの縁です。この巡り合わせを、自分にとってどのように関係づけるのか、またどう生かしていくのかということを一人ひとりよく考えていただきたいです。

本日このあと、いよいよ新しい元号が発表されます。さぁ、新たな時代の幕開けです。

本日から始まる日本ペイントホールディングス・グループでの日々が充実したものとなりますことを祈念し、わたくしの式辞、エールといたします。

以上

関連ニュース

このWebサイトには、いくつかのCookieと同様の機能が必要です。
お客様が当社を許可する場合、当社はサービスを改善するために、これらの手段を使用して集計統計のお客様の訪問に関するデータを収集します。さらに、YouTubeを使用して動画を表示します。動画を視聴することにした場合にのみ、Cookieなどの手段を使用します。許可しない場合は、技術的なCookieのみ使用されます。
詳しくはこちら