140th Anniversary

日本ペイントはおかげさまで創業140周年

140周年

企業CM「日本ペイントの部屋140周年篇」放映

創業140周年を迎えるにあたり、みなさまへ感謝の気持ちをお伝えすべく、日本ペイントホールディングス株式会社は企業CM「『日本ペイントの部屋』140周年篇(30秒)」を、2021年3月16日(火)より全国放映いたします。ぜひご覧ください。

MESSAGE

140周年メッセージ画像 140周年メッセージ画像

田中正明取締役会長
代表執行役社長兼CEOからのご挨拶

日本ペイントホールディングス株式会社は、3月14日で創業140年を迎えました。これはひとえに、当社グループに関わってくださる全ての方々のご支援の賜物です。改めてステークホルダーの皆さま一人一人に深く感謝申し上げます。
140周年という節目を迎えた今年、当社グループは、1月に名実ともにグループ一体運営を実現し、従業員数およそ34,000人の日本を代表するグローバル企業として新たな責任を担うこととなります。創業記念にあたり、改めて思いを寄せますのは、当社の創業の発端が(当社の起こり)が当時の社会課題であった鉛中毒の解決にあったということです。今日、当社グループが塗料・コーティング技術を通して社会課題解決に向き合い、社会に豊かさを提供する姿勢と志は、現在の私たちにも脈々と受け継がれています。私たちはその想いを継承しながらも、今、140年前とは大きく姿を変え、世界を舞台に歴史を紡いでいます。今後、50年、100年と社会に貢献し続けることができる本当の意味での強い企業になるために、社員一同全力を尽くす所存です。引き続き、日本ペイントグループに対する、ご支援、ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

時代を超え受け継がれる想い

創業者の茂木重次郎

社会課題に挑んできた軌跡

鉛中毒から救った安全な白粉(おしろい)
1878年、当社創業者である茂木重次郎は、慶應義塾、東京大学設立の母体となる開成学校で勉学に励む中、兄茂木春太より日本で無毒な白粉を製造できないかという相談を受けました。当時白粉には鉛が使用されており、鉛中毒で苦しんでいた人々の助けになるため、重次郎は亜鉛華の製造に着手し、ゼロからの開発で連日の失敗を繰り返しながら、1879年、遂に日本初の国産亜鉛華の製造に成功しました。

誰もが安心して使用できる国産塗料を開発
1870年代、当時の日本は文明開化により国内には様々な建物や船が建造され、塗料の需要が高まっていました。しかし、塗料の開発には高度な知識と技術が必要であり、輸入塗料の詰め替えや水増しで巨利を得る商人が蔓延する中、重次郎は「西洋に負けない塗料を作りたい」 と決心しました。その思いのもと一心不乱に研究に没頭し、輸入塗料の転売ではなく独力で開発する道を選び、 1880年、日本初の国産塗料を完成させました。

船舶塗料の実用化
海軍塗工長から塗料製造事業の共同経営の誘いを受け、国産船舶塗料の開発と実用化に挑戦。海軍塗工長支援のもと共同組合光明社を1881年に創立しました。これが、日本ペイントグループの始まりです。船舶塗料は当社グループの創業事業であり、厳しい海洋環境からの船舶の保護、環境負荷低減、省エネルギーなど現在も技術革新を続けています。

日本ペイントグループの
経営理念

日本ペイントグループ経営理念の根幹を成す、創業時から現代まで引き継がれてきた信念や価値観について、歴史を紐解きながらご紹介します。

沿革

沿革

日本ペイントグループは、1881年に前身である「光明社」が我が国初の洋式塗料を製造して以来、国内では最も長い歴史を誇る総合塗料メーカーとして皆さまに支えられ140周年を迎えました。
1962年、アジアの販売代理店として、Wuthelam(ウットラム)と提携し、NIPSEA事業を開始して以来、1975年に米国、1992年に中国、1993年頃からアジア各国へ進出し、2014年にアジア合弁事業を当社グループが連結化したことで、当社グループはアジアで1位、世界で4位のグローバル塗料メーカーとなりました。
今年1月にアジア合弁会社の100%化およびインドネシア事業の買収を完了したことで、グローバル一体運営を加速させ、創業時から引き継がれている企業理念を基に、塗料のグローバルリーディングカンパニーとして、社会課題解決に向けた製品・技術の創出に挑戦し続けます。

このWebサイトには、いくつかのCookieと同様の機能が必要です。
お客様が当社を許可する場合、当社はサービスを改善するために、これらの手段を使用して集計統計のお客様の訪問に関するデータを収集します。さらに、YouTubeを使用して動画を表示します。動画を視聴することにした場合にのみ、Cookieなどの手段を使用します。許可しない場合は、技術的なCookieのみ使用されます。
詳しくはこちら