ガバナンス

当社グループは、透明性・客観性・公正性を備えた経営を確保し、当社グループが活動する全ての社会からの信頼を得るために、実効性のあるガバナンスの枠組みを確立します。

コーポレート・ガバナンスの考え方

  • 当社は、透明性・客観性・公正性を備えた経営を確保し、当社グループが活動する全ての社会からの信頼を得るために、実効性のあるガバナンスの枠組みを確立します。
  • 取締役会は、株主・投資家をはじめとするすべてのステークホルダーからの受託者責任を認識し、適切な権限行使を行い、当社の持続的な成⻑や中⻑期的な「株主価値の最大化(MSV)」に責任を負い、当社グループの経営全般を監督します。
  • 当社におけるMSVとは、「お客様、従業員、取引先、社会などへの責務を果たした上で残存する財務上の価値を最大化すること」と定義しております。
コーポレート・ガバナンスの考え方
コーポレートガバナンス概要と体制当社は、「株主価値の最大化(MSV)」の実現を掲げ、取締役会の監督機能および執行部門の強化を加速すべく、2020 年3月の株主総会を経て指名委員会等設置会社へ移行しました。現在の当社のコーポレート・ガバナンスの概要と体制をご紹介します。
  • コーポレートガバナンス方針と報告書(PDF)
  • コーポレートガバナンスの概要
  • コーポレートガバナンス体制
  • 取締役会
  • 社外取締役の独立性判断基準と独立社外取締役の役割
  • 執行体制
  • 任意に設置する会議体
経営の透明性と持続的な成⻑当社は指名委員会等設置会社への移行を通じて、監督と執行の分離、経営の透明性・客観性・公正性の向上、グローバル監査体制の強化、少数株主権の保護、国内外のステークホルダーとの関係強化を目指しています。ここでは、上記目的のための様々な取り組みについてご紹介します。
  • 取締役会の実効性に関する分析・評価
  • 取締役の選解任
  • 役員の報酬の決定方針および報酬委員会の活動内容
  • 代表執行役および執行役の後継者計画
  • 株主の皆さまとの対話
  • 政策保有株式の⽅針
  • 株主総会について
  • グローバル監査の推進
内部統制当社の内部統制システム基本方針およびその運用状況についてご紹介します。
  • 内部統制システム基本方針
  • 内部統制システムの運用状況
リスクマネジメント当社のリスクマネジメントの体制および取り組みについてご紹介します。
  • リスクマネジメント体制
  • リスクマネジメント活動
コンプライアンス当社のコンプライアンス体制および取り組みについてご紹介します。
  • コンプライアンス体制および取り組み
  • コンプライアンス教育
  • コンプライアンスに関する相談(内部通報制度)の充実化
  • コンプライアンスに関する社内ルールの整備
  • 腐敗防⽌への取り組み
このWebサイトには、いくつかのCookieと同様の機能が必要です。
お客様が当社を許可する場合、当社はサービスを改善するために、これらの手段を使用して集計統計のお客様の訪問に関するデータを収集します。さらに、YouTubeを使用して動画を表示します。動画を視聴することにした場合にのみ、Cookieなどの手段を使用します。許可しない場合は、技術的なCookieのみ使用されます。
詳しくはこちら